博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>オリンピックの風速計

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.60
オリンピックの風速計

 2週間余り、ご多分にもれず、体に悪いとかなんとか言いながら、オリンピックの深夜放送を見続けた。たかがスポーツではないかと斜に構えようとしても、鍛え上げた選手たちの競技には引き込まれてしまう。躍動する彼ら彼女らの肉体の、なんと美しいこと。肉離れをおこしたり、アキレス腱を切ったり、転倒したり…一瞬のうちに襲いかかってくる不運。素直に感動し、また、同情した。純な気持ちが、まだ少しは残っているものとみえる。
 選手たちの力量が接近してくると、判定の根拠を判然とさせるために、記録測定の精度の向上が要求されるのは当然だろう。それだけでなく、測定精度の向上は、人間の運動能力の進化を記録するという面からも、大いに意義のあることのように思われる。それにしても、いつの大会からだったか、100分の1秒までの測定が行われるようになって、それほどまでしなければならないのかと、あきれたものだった。
 今度の大会でも、陸上競技のフィールドに超音波風速計があったのにはびっくりした。音の伝わる速さが風に影響されることを利用したもので、おなじみの風車や尾翼なんか付いていない。微妙にうつろう風の乱れを対象にする研究ならいざしらず、陸上競技には従来のもので十分ではないかと思ったりしたが、これもまた当たり前のことになってしまうのだろう。オリンピックは、計測に関する先端技術が集約される場でもあるらしい。

(このオリンピックは1992年のバルセロナ大会です。)
※超音波風速計の原理 https://prede.com/betu-tyou.html

-1992.8.17-



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。