博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>南極観測隊

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.61
南極観測隊

 第1次南極観測隊を乗せた砕氷艦「宗谷」が東京港から南極に向かったのは、1956年11月8日である。だから、今年は、わが国の近代的な南極地域観測の50周年に当る。ということで、さまざまな記念行事が企画され、つい先だっては別府でも、最近の南極観測研究を紹介する催しがあった。

 そうした行事の1つとして、観測事業に関わった人たちの個人的な思い出を収録した本が、11月8日付けで刊行された(技報堂出版)。本文の標題がその書名で、「南極に情熱を燃やした若者たちの記録」という副題が付けられている。執筆者は125人。あのカラフト犬タロとジロの話など最初期のエピソードを始めとして、昭和基地地域で行われた調査観測の喜びや苦労が主体である。500ページを超えているが、1題の長さは4ページだから、読むのには手ごろだし、公式の記録には登場しないような事柄に接することができる。

 私も、30歳前後に行った調査のことを載せてもらった。わが国の南極観測の本筋からはずれた、ロス海沿岸の湖の話しである。書いている最中は、少なくとも気分だけは若返った気がした。  昔の若者の思い出話しと言ってしまえば身もふたもないけれども、この半世紀における科学や技術の進展のレビューとも読める。ご覧になっていただければ、嬉しい。
(11月5日に、日本人初の極点旅行を成功させた村山雅美氏が亡くなられた。本書には、同氏の手になる記録も収録されている。)

-2006.11.16-


南極・ビクトリアランド・ドライバレー地域の主な湖と池の位置
細点の範囲は無氷雪の露岩地域




ロス島のエレバス火山:標高3,794m
撮影:1981年12月頃


ライト谷のバンダ湖
撮影:1970年12月


調査用具を持ってバンダ湖上に出る
湖氷の厚さ:約3m


ドライバレー塩湖の水温プロフィール
V:バンダ湖(底層水は約25℃)


ドライバレー塩湖の塩分濃度(電導度)プロフィール
V:バンダ湖(底層水の塩分は海水の数倍も濃い)


バンダ湖の水温モデル:日射加熱湖(Solar Lake)
破線:観測値 ; 実線:数理モデル


※南極観測隊 : 南極に情熱を燃やした若者たちの記録
 南極OB会観測五十周年記念事業委員会(編)
 発行:日本極地研究振興会 : 技報堂出版
 https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784765544504
  目次
 第1章 旅立ち-黎明・宗谷の時代
 第2章 闘い-設営と生活
 第3章 挑戦-南極大陸の調査
 第4章 冒険-沿岸域の調査
 第5章 誇り-観測と生活
 第6章 再び・旅立ち-ふじ・しらせの航海と海洋観測
 第7章 仲間-諸外国の動向と報道
 付録1 日本南極地域観測隊の活動域
 付録2 昭和基地周辺活動域
 付録3 観測隊隊員構成(二十八次隊の例)
 観測隊派遣スケジュール(四十五次隊以降の例)
 日本隊観測史



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。