博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>モンゴルの温泉

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.11
「モンゴルの温泉」

 新しい火山活動がみられない中央アジアには、低温のものはともかく、高温の温泉は無いと私たちは思っていて、常識みたいですらあった。ところが、これは完全に情報不足のせいで、たとえば、中国青海省には90度を超える高温の温泉があるし、省の名の由来である青海湖の付近にも50度ぐらいの温泉があり、熱水という地名さえある。

 モンゴルもこの例に漏れない。私自身、つい半年前までは、温泉があるなどとは考えてもいなかった。ところが、この春、大分モンゴル親善協会から、モンゴルにも温泉があり、現地の人々がその有効利用を模索している、というお話があった。

 六月末、その温泉を視察させてもらった。目的の温泉は、首都ウランバートルの西南西およそ七百キロのバヤンホンゴル県にある。プロペラ双発機で約二時間、さらに車で二時間ほど、半乾燥の平原とそれに続く緩やかな山あいを抜け、谷間をさかのぼると、小川に沿って湯気の立ち昇る温泉地・シャルガルジュートがある。国内では保養地として有名で、湯治客でにぎわっていた。

 温泉は、花こう岩の割れ目などからわき出している。しかもガス泡を伴っていて、90度にも達しようという高温である。白湯のように特別の味は無く、さわると柔らかい感じがする。

 周辺に新しい火山は無いのに、何がこの高温とガスをもたらしているのか。興味深い温泉である。

シャルガルジュート温泉について詳しくお知りになりたい方は
  温泉科学 2001年9月 51巻2号
  「モンゴル・バヤンホンゴル州のシャルガルジュート温泉について」
をご覧ください。

  - 「大分合同新聞夕刊」  2000年8月 -


ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。