博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>温泉の観測

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.16
「温泉の観測」

 人間の行動は、多かれ少なかれ環境に影響を及ぼす。この当たり前のことが、地球温暖化の例を持ち出すまでもなく、ごく最近まで、一部を除いて、ほとんど省みられなかった。

 私たちの大分県で重要なことの一つは、別府や九重を中心とする温泉にかかわる問題である。温泉や地熱を開発するに当たっては、資源を保護しつつ進めなければならないのは当然のことであり、それを見極めるためには、その温泉地の特徴をできる限り把握しなければならないことも、当然である。そのためには、多方面にわたる調査や観測をしなければならない。温泉国日本では、つねに大きな関心が寄せられてきた。

 しかし、世界的に注目されだしたのは、これもまた最近のことで、ようやく世界の実情をとりまとめる作業が始まった。私は、別府での例を報告することになり、私たちの研究施設が蓄積してきた資料を整理したのだが、あらためて深く感じ入ることに出合った。

 それは、ある温泉の温度と水位を、1925年からその温泉が枯渇した1967年まで、40年以上にわたって、毎日1回はかり続けたという事実である。

 残されているデータは、世界に類を見ない貴重なものである。いったい何人の方々が、この延々と続いた観測に携わられたのか、正確なところは知るよしもない。実は、私も、最後の2年間だけ、これに参加するという、またとない体験をさせてもらったのだが、何にもまして、先人たちの努力に頭が下がる思いである。

※昨年11月13日に別府市全域温泉一斉調査「せーので測ろう!」を
別府市・別府ONSENアカデミア・別府温泉地球博物館・京都大学地球熱学研究施設・総合地球環境学研究所の5つの組織の共催で約30年ぶりに温泉の変化を調査しました。
調査結果は、温泉一斉調査マップでご覧いただけます。
 http://www.wefn.net/beppu/

  - 「大分合同新聞夕刊」  1998年6月 -


ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。