博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>中国の塩湖・水・地熱見聞記Ⅲ 夏県南山底村の温泉

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.49
中国の塩湖・水・地熱見聞記Ⅲ
夏県南山底村の温泉

 「子供の頃には日本語を習わされましてね.もうほとんど忘れてしまったが(ここまでは中国語.もちろん通訳してもらったのである)…タバコ,マッチ.」と,マイクロバスの助手席に座った外事弁公室の方が言われる.日本語風のきれいな発音であった.タバコ・マッチの発音なんか誰だってできる,などと馬鹿にしてはいけない.私自身,マッチの発音が通じなくて弱ったことがある.
 時おり小雨がぱらつく中を,安邑の町を抜けて,温泉を見に出かけるのである.およそ一時間走ると,茶褐色の濁水が流れる幅20mほどの川に出合った.温泉は川向うにあると言うのだが,橋らしいものは見当たらない.そのうち,案内の人が流れにジャブジャブ入ってゆく.水の深さを調べているらしい.いつもは車のまま簡単に渡れるのだそうだが,昨日来の雨で水かさが増して,渡河点が分からなくなったのである.
 それでもなんとか渡りきると,それから先は,車の通わない小径となる.歩くこと10分ほどで,谷合の小さい集落に出た.夏県南山底村という.夏県とは素晴らしい地名ではないか.古代の夏と関係があるのだろうか…またもや,せんさくしたくなる.
 この付近には温泉の地表徴候など無かったのであるが,1975年に井戸を掘っていて,偶然発見されたのだという.3本の井戸のうち,2本だけを利用しており,それぞれ120mおよび160mの深さからポンプで汲みあげている.泉温は45℃前後と入浴には好適である.
温泉が見つかるや,療養泉として利用されはじめ,1981年当時の収容定員は200人,さらに鉱山労働者専用の療養施設を建設中であった.皮膚病・関節炎・腰痛・肝臓病などに効能があり,専任の医師や看護婦ら,合せて15人の医療技術者が入浴法の指導を行っていた.
 そのような療養のための滞在者だけでなく,一般の人にも開放されている.花壇のある四角い中庭を中心に,コの字型に建てられた平屋の建物がその温泉場であった.建物はいくつかの小さな部屋に仕切られていて,そのひとつひとつが浴室である.
 入った所にベッドが一台据えられ,奥の扉を開けると浴場である.浴槽は黒っぽいコンクリート製のもので,大型のバスタブを想像すればよい.つまり,各浴室は個室であって,大浴場は無いようであった.湯に入ってはベッドで休み,休んでは入浴を繰り返すのであろう  泉質は食塩泉型(こんな言い方をしてはいけないのかもしれないが)で,塩化物イオン濃度は800~900mg/Lとかなり高濃度である.また,硫酸イオンも350~400mg/L程度含んでいる.特徴はフッ素含有量が高いことであろうか.4~5mg/Lの濃度がある.このような泉質のため,飲むことは禁じられている.
 この温泉水に限らず,一帯の水は総じてフッ素濃度が高い.ここから250kmほど離れた西安の華清池の温泉水も,また,その付近の井戸水もフッ素濃度が高いとのこと.そんな水を飲んで歯斑病(歯が黒ずむ)にはならないのかしら,とT先生が心配される.

 春寒賜浴華清池 温泉水滑洗凝脂(注1)
 華清池は,白楽天が長恨歌で詠った,玄宗皇帝と楊貴妃のロマンスの舞台である.もしかしたら,玄宗と楊貴妃の歯は黒ずんでいたかもしれない,などとあらぬ想像をめぐらせたりする.
 この地域の基盤岩は非常に古く,過去に火山活動があった形跡は見出されていない。付近にはプレカンブリアの片麻岩から成る山があるし,西安一帯の基盤岩も古い変成岩とのことである.温泉水の酸素・水素安定同位体比(注2)は,天水の値に近い.おそらく天水が地熱で温められたものと思われるが,その地熱の源は何であろうか?

(注1)夏目漱石は明治30年の大晦日から正月にかけて,熊本県の小天温泉(おあまおんせん:小説「草枕」の舞台の温泉のモデルとして知られる)に滞在し,「温泉や水滑らかに去年の垢」の句をよんでいます.長恨歌の本歌取りをしたのではないでしょうか?
※小天温泉:https://kumamoto.guide/yubijin/onsen/detail/11

(注2)安定同位体:「別府温泉事典」を参照下さい。
 http://www.beppumuseum.jp/jiten/anteidoitai.html


山西省夏県南山底村への道(1981年7月撮影)


南山底村の入り口(1981年7月撮影)


温泉場前の辻(1981年7月撮影)


中庭に面した浴室の外観(1981年7月撮影)


浴室前の回廊と浴室の中(1981年7月撮影)


南山底村温泉公園(1981年7月撮影)

ー地熱エネルギー、10巻4号(通巻32号)、1985)に掲載ー



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。