博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>中国の塩湖・水・地熱見聞記Ⅳ 青海湖訪問

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.50
中国の塩湖・水・地熱見聞記Ⅳ
青海湖訪問

 「車轔轔 馬蕭蕭」で始まる杜甫の傑作「兵車行」は、読むたびに私の心を揺り動かす。その終りの四行
 君不見青海頭 古来白骨無人収 新鬼煩冤旧鬼哭 天陰雨湿声啾啾
 を通して、私は初めて青海を知った。その青海に行くことができる。
 ついこの間まで、青海省は外国人に対して、半ば門を閉ざした状態であった。「門戸が開かれたら、あなた達を最初に招待してあげよう」という三年前の約束を、中国国家海洋局と南極考察委員会が果たして下さるのである。自然のままの姿を残す中国最大の塩湖を見ることができる、というのもさることながら、長年のあこがれの地に行けることに胸がときめく。
 昨年(1984年)9月28日、三年振りに見る北京の街は、数日後に控えた国慶節のためもあってか、美しく整備され、益々活気に満ちている。以前と比べて、車は増え、交通信号もあちこちに立てられている(1981年当時、北京の交通通号は1ヵ所だけ、と聞いた)。相変わらずの雑踏だが、なんとなく静かな気がするのは、車がやたらとクラクションを鳴らさなくなっているからであった。人々の服装もずいぶん変化したようで、とくに背広姿の男性が目につく。
 北京に一泊し、翌29日蘭州に飛ぶ。窓から見おろす風景から次第に緑色が消えて、茶色っぽくなったと思ったら、蘭州空港に着いた。約2時間の飛行時間である。蘭州市街は、空港から車で1時間半ほどの所にある。人口200万(2010年頃には360万)、甘粛省の省都で、黄河に沿って細長く延びる工業都市である。標高はすでに1,500mとかなり高い。西方の青海高原から流れてきた黄河は、この辺りで向きを転じて北上する。
 郊外には塩が白っぽく析出している所もあって、風景は完全に乾燥地帯のものである。それでも道路沿いにはポプラなどの木が植えられ、大きく成長している。広々と開けた谷の中央部には、深く垂直にえぐられた荒々しい溝が延々と続いている。時には、豪雨があるのであろう。
 蘭州が今のような大都市に発展したのは、解放後のことらしいが、もともとは金城と呼ばれた歴史の古い町である。「百聞は一見に如かず」の成句は、この地と縁があるのだそうである。近年、観光客の数が増えているようで、外国人のための新しいホテルも建てられていた。廊下の掃除をしながら、若い男女の従業員が小声で歌の練習をしている。「北国の春」であった。大人気らしい。カウンターに詰めている女の子の中には、かなり上手に日本語を話す人も居り、英語で話しかけたら、「日本語でどうぞ」と言われてびっくりした。
 蘭州にはいくつかの研究所があり、そのうちのひとつ、蘭州氷河凍土研究所が私達の世話をしてくれる。国慶節前日の日曜日というのに、主だった人達がわざわざ出て来られて、いろいろと説明して下さる。基礎研究のほか、氷河を水資源として利用するなど、応用研究にも力を注いでいるようであった。
 青海湖(チベット語は、ココノール)に行くには、列車でさらに5時間余り内陸にある、青海省の省都・西寧に行かねばならない。いろいろな情報を教えてもらったが、ここで初めて、中国科学院に属する塩湖研究所が西寧にあることを知った。
 青海省は中国の中では人口の少ない所で、300万人程度である(2010年頃は560万人)。そのうち、50万人が西寧に集まっている(2010年頃は220万人)。高原の省であり、西寧の標高は2,300mである。
 9月30日夜9時前、西寧に到着するや、待ち構えていた塩湖研の人達とスケジュールを打合わせることになったが、私達は青海湖と言い、先方は青海塩湖と言うことから始まって、話がかみ合わない部分がある。変だなと思っていたら、塩湖の定義が違っていたのであった。 中国における塩湖とは、塩分濃度が50g/L以上のものを指す。つまり、製塩の対象となるものだけをそう呼ぶのである。青海湖は塩分濃度が低いので、たんに「塩分を含む湖」としか表現しない。とは言え、その塩分濃度は12g/Lを超えているのだが。
 私達は「塩湖である青海湖に行きたい」と希望を出していた。ところが、塩湖という言葉が付いていたばかりに、中国側は青海省のツァイダム盆地にある塩湖群のことと理解して、そこに案内しますと言う。
 大変ですよ、往復2,000kmにもなります。道は遠いし、ランドクルーザーかジープでなければ、とても行けません。与えられた時間は三日間しかありませんから、かなりの強行軍になることを覚悟して下さい。青海湖のそばを通りますが、そこではほんの少ししか時間は割けません。現地には製塩工場と化学工場があるだけで、ほかに施設は何もありません。外国人はまだ行ったことが無いから、あなた達が最初の訪問者になるだろう、と言われる。
 大いに興味をそそられたものの、本来の目的は青海湖視察であるし、いかにも強行軍に思えたものだから、奥地行は諦めた。しかし、後になって、チャンスは逃がすものではないと、臍を噛むことになる。
 10月2日朝8時、西寧の町を出て西へ向かう。およそ30分も走ると、急峻な山あいにさしかかる。青海湖に行くには、この山道を登り、日月山の峠を越えなければならない。古来、この道は、青海高原を経てチベットに至る主要なルートのひとつであった。
 蜀の桟道ほどではないにしても、昔はかなりつらい道であったに違いない。ところが現在は、二車線ほどの立派に舗装された道路が通じていて、乗用車・上海とランドクーザ―は快適に登って行く。やがて、やや開けた高原に出る。3,200mを超える高さなのに、道の両側には、すでに収穫を終えた麦らしい切株の残る畑が続く。
 羊の群れを連れた牧童、ロバに荷車を引かせる農夫、トラックに鈴なりに乗り込んだ人々、バス、どこから現れたのか手を挙げて便乗しようとする娘さん、家族連れらしい5・6人…10月ともなると、気温は2~3℃といささか寒いのに、けっこう賑やかである。
 そのうち行き交う人の姿も途絶え、道路沿いの電柱(延々と電柱が続くのには、ほんとに驚いてしまう)のほかには、丈の低い枯草がまばらに残る荒涼とした丘陵の中を走り続けると、谷底から霧を含んだ寒風が吹きあげて、あたりが白っぽくなってゆく。霧氷である。電線にも真白に霧氷が付着している。
 急な斜面を切り開いた道を曲がると、小高い山頂に亭が見え、その麓に日月山と書いた石碑が立っていた。西寧の町から約2時間。私達は、飛行機・列車・車と乗り継いでやってきたが、兵車行にうたわれた兵士達は、遠く西安あたりから歩きづめに歩いて、黄河を渡り、急な山道を登り、この3,400m余の峠を越えて、青海のほとりに白骨をさらしたのである。
 ここまで来ると、あとはやや下り坂の平坦な道となる。さらに30分ほど行くと、視界が開け、広々とした黄金色の高原の向こうに、地平線が淡青色に輝きはじめた。
 平原の北と南を境する山並みは、なだらかな扇状地の裾を引きながら、遠く霞の中に姿を消す。あとには、明るい水色の青海湖だけが、はるかかなたまで続いている。兵車行から受ける青海のイメージは、暗く陰鬱で、寂寥感ただよう寒々としたものであった。しかし、やわらかい陽の光につつまれた現実の青海は、ただ穏やかで優しくおおらかである。広大な平原には、ヤクや羊の群を追う騎馬の牧童が一人・二人と見えかくれする。これほどまでに優美な平原で激戦が行われたのかと思うと、かえってやりきれない。
 思い入れが過ぎたようだ。青海湖のことを少し紹介しよう。
 辺境の地とは言っても、青海湖はすでに漢代に西海の名で知られていた。東西106km、南北63km、湖水面積4,430㎢、平均水深20m、最深40m(1980年頃のデータである)。琵琶湖の6倍強もの面積を持つ巨大な湖である。第四紀(およそ260万年以降の時代)に入ってから一帯が陥没してできた陥没湖で、当時は黄河の源流であったが、その後東部が隆起して閉塞湖になったと言われる。
 湖水面の高さは3,200m。高地にあるため水温は低く、夏季で7~8℃、冬季には零下2~3℃にまで低下する。11月下旬から1月までは完全に結氷し、その厚さは60cmにもなるので、小型の車ならかなり沖まで出ることができる。
 かつて中国科学院のチームが基礎調査を行い、立派な報告書が出版されているが、この20年足らずの間に。湖水位が2m以上も低下した。また、大小の川から流入する土砂の量も多い。湖の縮小と気候変動の関係、堆積過程、塩の起源、さらには湖水の循環など、研究テーマは多い。
 青海湖には四つの島があると、ものの本には書いてある。しかし、近年の水位低下にともなって、もう一つの島が出現した。それらの島々は、夏季に南方から飛来する渡り鳥の繁殖地となる。青海湖は鳥の繁殖地として名高く、これから観光地として大いに売り出す構えのようであった。湖を一周する道路はまだ無いが、船をチャーターすれば、湖めぐりをすることができる。
 水温は低く、塩分濃度は高いけれども、魚が棲んでいる。湟魚(こうぎょ)という、鱗の無い黄色い魚が特産である。成魚は60cm~1m、17~8kgにもなり、北京や上海に出荷して珍重されている。しかし、成長速度は極端に遅く、500g太るのに10年も掛るのだそうだ。それほどの珍魚を、昼食に馳走してもらった。食物の味を文章で表現できるわけが無い(と信じている)ので、くせが無く、なかなか美味であったとだけ記しておこう。
 急弯注意、一慢二看、減速慢行、集中精力安全行車、事故前方多発地点。青海高原から下って町が近くなると、このような交通標識があちこちにある。ここでも車が急増しているらしい。生活環境の変化に人間はどうにか対応できても、哀れなのは動物である。犬の轢死体が目についた。


蘭州から西寧へ:堆積岩の山(1984年9月撮影)


西寧から青海高原への道;標高3200m(1984年10月撮影)


日月山;標高3452m(1984年10月撮影)


青海高原(1984年10月撮影)


青海湖;湖面標高3200m(1984年10月撮影)


観光船(1984年10月撮影)

ー地熱エネルギー、10巻4号(通巻32号)、1985)に掲載ー



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。