博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>青海湖畔の「いい湯だな」

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.55
青海湖畔の「いい湯だな」

 1988年の夏、中国で最大の湖・青海湖を訪ねた。その一帯の水文調査のためである。
 湖の南岸の「哈図(hatu)」という小さな集落を基地にしてあちこち訪ねているうち、北岸の「剛察(gangcha)」という、その辺りでは最大の町の郊外に温泉があると聞いた。行ってみると、なだらかな傾斜の草原に、ほのかに湯気をたててお湯が湧きだし、石灰華のテラスもあって、のんびりとした景色である。
 泉温は55.5℃、pHは6.5。手に触れた感じでは柔らかな湯と思われたのだが、風呂場らしいものは見当たらない。折角の温泉なのに、楽しむことが出来ないまま、その地をあとにせざるを得なかった。
 「それでは、いい湯だな、ではないではないか」と言われそうだが、青海湖畔で、あのヒット曲を確かに聞いたのである。
 1980年代頃までの中国は、たいていのところは、お世辞にも「きれい」とは言えなかった。青海湖のように中央から遠く離れた地域は尚更で、哈図の宿舎のトイレは劣悪、風呂無し、シャワーはあるものの、給湯が制限されてほとんど使えない、という状態だった。
 ある夕方、管理人が「今日は風呂がある」と言う。やれ嬉しやと出かけたら、半分壊れたようなコンクリートの建物の中のプールみたいな馬鹿でかい浴槽に、大人から子供までが、それこそ芋の子を洗うように浸かっていた。
 中国の人は他人に素肌を見せることを嫌うと聞いていたが、そうでもないようだ。素っ裸で風呂を楽しんでいるようで、大変な騒ぎである。と、突然、おなじみの歌が響いてきた。歌っていたのは子供たち。もちろん、日本語ではなく中国語。じつに楽しそうだった。
 現在、剛察を経てチベットに至る高速列車が走っていると聞く。日本からの旅客も多いそうだ。私が訪れたころ、剛察の温泉は生活用水だけに使われていたようだったが、途中下車すれば、「いい湯だな」と楽しめるようになっているだろうか。


青海湖(西海:ココノール)の諸元(1980年頃)
 東西 106km;南北 63km;湖水面積 4430km2
 平均深度 20m;最深 40m;湖水面の高さ 3200m
 水温 夏期 7~8 ℃ ;冬期 -2~3℃
「剛察」の北東の「熱水」 には♨印が付いている。


剛察の石灰華テラス


剛察の坊主地獄


剛察の源泉:55.5℃, 260 L/分



参考:熱水の温泉場

【温泉の顔】
http://www2.oita-press.co.jp/nie/img_file/worksheet/13722377133157-1.pdf

-公益社団法人大分県薬剤師会発行『おおいたの温泉の顔』(2013)に掲載-



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。