博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>モンゴルのシャルガルジュート温泉

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.56
モンゴルのシャルガルジュート温泉

 新しい火山がないモンゴルに温泉は無いものと、長いこと私たちは思っていた。ところが、これはひとえに情報が欠如していたせいで、中西部のハンガイ山脈周辺などには、かなり高温の温泉が湧出しているのである。この話を初めて耳にしたとき、にわかには信じられなかったのだが、2000年の夏、その温泉のひとつを訪ねる機会を与えられた。
 その温泉は、首都ウランバートルの西南西およそ700kmのバヤンホンゴル州にある。プロペラ双発機で約2時間、さらに車で2時間ほど、半乾燥の平原とそれに続く緩やかな山あいを抜け、谷間をさかのぼると、小川に沿って湯気の立ち昇る温泉地・シャルガルジュートがある。
 温泉は、およそ350m×170mの範囲にわたって、花こう岩の割れ目などからガス泡を伴って湧き出している。1日当りの湧出量は約4500キロリットル、泉温は最高88.7℃。成分濃度の低いアルカリ性単純温泉である。さわるとツルツルした感じで、蒸留水のような味がする。ガスの主成分は窒素である。
 あれこれ調べて分かった生成メカニズムの要約は、「地下およそ4000メートルの深さまで浸透した雨水が、炭酸ガスの乏しい条件下で地熱によって加熱され、岩盤の割れ目を通って湧出している」である。
 こう書けば、なんの変哲もなさそうだが、珍しい温泉なのだ。日本のものでは、丹沢などの花こう岩地域にあるアルカリ性の鉱泉が似ている。ただし、それらは全て低温である。
 シャルガルジュートの温泉はあらゆる病気に効能があると信じられており、モンゴル全国からの湯治客が長期滞在して、温泉医の指示に従って療養していた。


モンゴル・バヤンホンゴル州の位置


シャルガルジュートへの道(2000年6月撮影)


シャルガルジュート温泉の朝


湯治の小屋(ゲル)


喉の治療(温泉蒸気の吸入)


泡立つ源泉:(88.7℃, pH 9.36)

※シャルガルジュート温泉について詳しくお知りになりたい方は
「温泉科学(平成13年9月号)」
http://www.j-hss.org/journal/back_number/vol51_pdf/vol51no2_051_061.pdf
【温泉の顔】
http://www2.oita-press.co.jp/nie/img_file/worksheet/13722377133157-1.pdf

-公益社団法人大分県薬剤師会発行『おおいたの温泉の顔』(2013)に掲載-



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。