博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME地球のはなし>中国雲南省の熱海

地球のはなし  別府温泉地球博物館 代表・館長 由佐悠紀

No.57
中国雲南省の熱海

 中国は知る人ぞ知る温泉大国で、全国に約3000ヶ所もの温泉地があると言われている。その代表格が雲南省の騰冲(Tengchong)。ミャンマーとの国境に近い辺境の地であるが、温泉があることは古くから知られていたらしい。最初の記録は、明末期の1639年に地理学者・徐霞客が著した「徐霞客遊記」である。1868年には、イギリスの探検隊がイラワジ川(エーヤワディー川)を遡って騰冲に達し、温泉があることを記録している。
 騰冲にはいくつもの温泉地がある。そのうち、熱活動が最も活発な地区が熱海(Rehai)。渓流に沿う2キロほどの範囲に、最高97度に達する大量の温泉水が湧き出している。
 熱海という名が付けられたのは、1930年代のことだそうだ。近隣には華僑を輩出した和順(heshun)という集落があるから、海外情報は豊富だった筈で、日本の熱海を擬したのかもしれない。ちなみに、和順には炭酸泉があり、瓶詰めにして出荷している。
 熱海には沸騰泉や噴気のほかに、石灰華や珪華など温泉沈殿物の大きなテラスもある。1993年の暮れに訪れたときは、観光客のための通路などが整備され、源泉には名前が付けられていた。たとえば、ブツブツ泡立つ珍珠泉、飲めば子を授かる懐胎井と言った具合である。直径約5メートルの円形の湯池・大滾鍋の色は青っぽく、90℃の湯でゆでた卵を売っていた。やや小型ながら、別府の海地獄にそっくりである。
 圧巻は澡塘河という、幅・高さとも3メートルほどの湯の滝。90℃を超える湯が滔滔と流れ落ちるのは大迫力であった。
 その豊富な熱エネルギーを使って地熱発電をする計画だと聞いたのだが、実現したかどうかは分からない。
https://www.arachina.com/kunming/attraction/baoshan.htm


騰冲近郊にある小火口(マール)


和順の炭酸泉


熱海温泉全景


澡塘河:95.8℃


大渀鍋(青色):88.7℃, pH-3


懐胎井:81.2℃, pH-8


温泉沈殿物のテラス


熱海温泉の医療部
医師(中医)が常駐している


瑞滇自然湧出:最高76.7℃


竜陵下消温泉: 98.4℃
1974年、竜陵地震で噴出
非常に強勢なので、湧出口に石を乗せて抑制


【温泉の顔】
http://www2.oita-press.co.jp/nie/img_file/worksheet/13722377133157-1.pdf

-公益社団法人大分県薬剤師会発行『おおいたの温泉の顔』(2013)に掲載-



ページTOP

 

カテゴリー


別府温泉地球博物館理事長の由佐悠紀が執筆し、新聞・雑誌などに掲載されたものから温泉に係るものを順次ご紹介します。