博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME フィールド博物館>地獄ハイキング:亀川南コース

地獄ハイキング:亀川南コース 2時間~半日コース京都大学地球熱学研究施設提供 監修:竹村恵二・下岡順直 フィールド博物館

ハイキングの見所と目的

別府温泉地球博物館 フィールド博物館館長 竹村惠二

 私たちの住んでいる別府は、世界でも有数の湯のまちです。そして断層と火山のまちでもあります。皆さんは、これらが密接に関係していることをしっていますか?別府は、地下の地熱活動と、地表の火山からの堆積物の上に立っており、それらをたくさんの断層が切っています。そのおかげでお湯が湧いたり、水が湧いたりしているのです。

 今日は、別府八湯のひとつ、亀川温泉周辺を歩いてみることにしました。地熱活動・火山の岩石・岩石の変化の様子や、断層地形を含む地形の観察から別府の成り立ちを考え、さらには私たちの住んでいる地球の息吹を感じてみましょう。




ハイキングルート


より大きな地図で 地獄ハイキング:亀川南コース を表示


Start 市営駐車場

Stop 1 亀川駅西口(集合)

←外国語の海抜表示プレートを
  確認しましょう

 
Stop 2 津波のための地点標高表示

海抜と避難場所を確認しましょう

Stop 3
津波避難ビル表示
Stop 4 別府石の石垣
Stop 5 急傾斜地崩壊危険地域
Stop 6
阿蘇火砕流の溶結凝灰岩を使った石垣
Stop 7 石灰岩石碑(溝部学園)
Stop 8 姫山メンヒル入口

錆びてしまっています。
よく見るとまだ字が読めますよ

Stop 9 土石流危険渓流
Stop 10 地獄田泉源
Stop 11 亀川方面遠望
Stop 12 溶岩
Stop 13 ザボン園
Stop 14 姫山メンヒル
Stop14-1 姫山メンヒル案内板
Stop14-2 姫山メンヒル
 
Stop 15 分岐地点
Stop 16 溶岩
Stop 17 北部中学校入口分岐
Stop 18 溶岩
Stop 19 亀川遠望
Stop 20 急傾斜地崩壊危険箇所
Stop 21 蕩耶泉
Stop 22 温泉湧出井

温泉宿街(浜田温泉)を通って亀川駅へ

浜田温泉と亀川防波堤(旧2代)

亀川温泉は、別府八湯のひとつで、別府市北部海岸側に位置しています。
海岸沿いには、いくつかの時代の防波堤跡が見られます。(写真3)
亀川温泉は四の湯温泉などの従来からの温泉に加え、明治初期には浜田温泉や亀陽泉などが開削され発展しました。
亀川町は昭和10年に別府市と合併し、その年新築された浜田温泉は、現在温泉資料館として保存されています。(写真1)
現在の浜田温泉は平成14年3月に道路をはさんで東側に新築されました(別府市誌、2003)。


写真1

写真2

写真3


写真4

Goal 亀川駅東口(解散)

本コースは、竹村が参加した亀川温泉亀カメ倶楽部の町歩きコースのひとつを地球科学的視点からまとめてガイドブックとしたものです。 亀川温泉亀カメ倶楽部の方々の協力を得て、完成することができたことを感謝します。

必ずお読みください<ハイキングのお願いとご注意:歩くときは危険がつきもの>●歩いて実感するのは危険がつきもの、特に地熱地帯は、高温の場所です。足元には十分注意を。沸騰している場所もあります。●歩くときは足元の準備、水の準備、そして体調と心の準備を。●別府では、自然であっても持ち主のある場所がほとんどです。見学するときは、きちんとお願いをしてください。
ハンドブックの作り方
①ダウンロードしたmapとガイドは、A4版に片面印刷します。
②それを半分に折って、表紙で本文ページをはさみホチキスまたはクリップ止めすると完成です。

留意事項
  ハイキングのMAPやガイド(解説書)は個人利用については原則自由です。
  商用利用については、案件ごとに検討いたしますのでお問合せください。
  必ずお読みください-ハイキングのお願いとご注意-

フィールド博物館

    別府八湯温泉コース
    (泉質の不思議コース)
    -準備中-
    地質・地形の醍醐味をさぐるコース
    -準備中-