博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集
HOME フィールド博物館>地獄ハイキング: 小倉〜火売〜鉄輪温泉コース

地獄ハイキング:小倉〜火売〜鉄輪温泉コース 2時間~半日コース京都大学地球熱学研究施設提供 監修:竹村恵二・下岡順直 フィールド博物館

ハイキングの見所と目的

別府温泉地球博物館 フィールド博物館館長 竹村惠二

 私たちの住んでいる別府は、世界でも有数の湯のまちです。そして断層と火山のまちでもあります。皆さんは、これらが密接に関係していることを知っていますか?

 別府は、地下の地熱活動と、地表の火山からの堆積物の上に立っており、それらをたくさんの断層が切っています。そのおかげでお湯が湧いたり、水が湧いたりしているのです。

 今回は別府八湯の明礬から、最近活発な湯けむりが見られる小倉地区と火売神社を経由して鉄輪温泉までを歩きます。地熱活動(湯けむり)、火山の岩石、扇状地地形を含む地形を観察します。扇状地地形を歩きながら別府の成り立ちを考え、さらには私たちの住んでいる地球の息吹を感じてみましょう。




ハイキングルート


より大きな地図で 地獄ハイキング:小倉〜火売〜鉄輪温泉コース を表示


Stop 0 紺屋地獄バス停(出発地点)

背後に、大分自動車道別府明礬橋。
そして明礬温泉地帯が見える。
湯けむりが出ている山腹の標高を観察しましょう。

Stop 1 さわやかハートピア明礬


庭の林中から噴気と泥噴出


池の縁で観られる坊主
(泥噴出)

Stop 2 鶴見やすらぎ霊園および噴気井

Stop 3
太陽光発電
Stop 4 照湯温泉と閻魔坂


照湯温泉:
近世には、森藩主が使用


Stop 5 春木川(照湯橋)
Stop 6
豊山荘・丘の湯温泉(原爆センター)

原子爆弾被爆者別府温泉療養研究所は、通称別府原爆センター。
かつて、小倉町にあった温泉利用の原子爆弾被爆者療養を目的とした研究・保養施設である。2011年5月に閉鎖された。


Stop 7 宮前発電所

Stop 8 火男火売神社(ほのおほのめ)

鶴見岳山頂に上宮、鶴見岳中腹に中宮、そしてここ火売に下宮(里宮)が鎮座する。
現在の社殿は大友宗麟によって焼かれたが、久留島道清が再建したとされる。

 
Stop 9 大分県温泉熱花き研究指導センター

Stop 10 鉄輪温泉地獄地帯公園


公衆トイレがあります


Stop 11 みゆき坂(白池地獄など)

Stop 12 地獄蒸し工房
Stop 13 大谷公園(解散)

お疲れさまでした

必ずお読みください<ハイキングのお願いとご注意:歩くときは危険がつきもの>●歩いて実感するのは危険がつきもの、特に地熱地帯は、高温の場所です。足元には十分注意を。沸騰している場所もあります。●歩くときは足元の準備、水の準備、そして体調と心の準備を。●別府では、自然であっても持ち主のある場所がほとんどです。見学するときは、きちんとお願いをしてください。
ハンドブックの作り方
①ダウンロードしたmapとガイドは、A4版に片面印刷します。
②それを半分に折って、表紙で本文ページをはさみホチキスまたはクリップ止めすると完成です。

留意事項
  ハイキングのMAPやガイド(解説書)は個人利用については原則自由です。
  商用利用については、案件ごとに検討いたしますのでお問合せください。
  必ずお読みください-ハイキングのお願いとご注意-

フィールド博物館

    別府八湯温泉コース
    (泉質の不思議コース)
    -準備中-
    地質・地形の醍醐味をさぐるコース
    -準備中-