博物館についてスケジュールカテゴリー別府温泉事典リンク集

 
2018年度「温泉学一般」

講師紹介

九州大学名誉教授
内科認定医、循環器専門医、温泉療法専門医、産業医

牧野 直樹

特定非営利活動法人 別府温泉地球博物館 会員

【自己紹介】

 出身は臼杵市です。大学を卒業して九州大学にお世話になりました。研修医、循環器内科医とし診療、研究、教育に携わってきました。1985年に九州大学生体防御医学研究所に赴任して初めて温泉に関わることになりました。
 温泉には泉質による効果のほかに、温熱、免疫能の増加、血液循環の改善、疲労回復などの効果が証明されています。近年、健康増進のための温泉利用も注目され、その役割が大きく期待されています。特に高齢化社会では温泉による健康増進は医療費の低下も期待されます。また、温泉を利用するとストレス発散され、心身の健康を保つのに有用ではと思います。このように、温泉を利用することは健康を維持して健康寿命を延伸することが可能ではないかと期待しています。自然からの贈り物である温泉を上手にそして大事に利用して健康を維持したいと願っています。

【経  歴】

1974年京都府立医科大学卒業。九州大学循環器内科研修医。
1983年カナダ・マニトバ大学心臓生理学研究員。
1999年九州大学生体防御医学研究所教授。
2009年九州大学病院別府病院院長。
2013年定年退職。
同年4月九州大学名誉教授

【所属学会】

日本内科学会・日本循環器学会・国際心臓研究学会・日本温泉気候物理医学会・日本適応医学会




  ↑ページTOP